絶対に放置してはいけない

失くした歯の両隣の歯も作るため、非常に安定する方法だと言われています。 差し歯では、すぐに歯が壊れたり抜けたりしてしまうかもしれません。 安定した歯を得たい人は、ブリッジを選択してください。 取り外してお手入れをしなくても良い部分も、簡単で好まれています。

周囲に知られたくない人

治療したことを知られたくない人や、口内で差し歯が目立つことが嫌な人が多いと思います。 そんな人におすすめなのは、インプラントです。 丈夫ですし本物の歯に見える差し歯を埋め込むので、見た目が気になることはありません。 ただ、高額というデメリットがあります。

最も安い方法だと言われる

治療費が安いものが良いなら、入れ歯がおすすめです。 最も安い価格で治療できますが、お手入れの負担があることを忘れないでください。 毎日消毒しないと、バイ菌が繁殖して病気を引き起こしてしまいます。 正しいお手入れの方法を理解してから、入れ歯を使ってください。

ブリッジで治療しよう

歯が抜けたままの状態では、そこからバイ菌が侵入します。
するともっと大きな病気になったり、健康だった他の歯まで病気を発症するので代わりの歯を埋め込んでください。
ブリッジという方法は、失った歯と両脇の支える歯を作って埋め込む方法になります。
装着したら、取り外すことはありません。
ずっと付けたままにしておけるので、手入れが楽です。
また1本だけ歯を埋め込む差し歯よりも、安定するので壊れにくい面がメリットです。

インプラントという方法もあります。
こちらも人工的に作られた歯を埋め込みますが、見た目が本物の歯にそっくりという特徴があります。
他の方法では、作った歯だとわかるので周囲に治療したことを知られてしまうかもしれません。
口を開けばその部分が目立つので、抵抗を感じる人がいるでしょう。
歯磨きもこれまで通り普通に行えるので、面倒なお手入れがありません。
ただインプラントは、保険を適応できない場合があります。

最も費用を安く済ませたい人は、入れ歯を活用してください。
入れ歯は毎日取り外して使います。
使う前と使い終わった後に、必ず消毒してください。
消毒しないとバイ菌が繁殖して、口内の病気になってしまいます。
たくさんの歯が抜けている状態でも対応できる治療方法なので、その時の状態に応じて選択を変えても良いですね。
歯を取り戻すことで、楽しく食事を済ませることができます。
日常生活に。歯は欠かせない部分だと覚えておきましょう。

おすすめリンク